淋病(淋菌感染症)に感染!症状や治療について

淋病治療の費用は?

淋病治療の費用は?

淋病は、性感染症のひとつです。

淋病は病院で治療することで、完治できます。自然治癒は難しいとされている疾患です。

淋病の治療費用は、健康保険が適用されるので、3割負担で治療が可能です。

治療費用の内訳は、検査による感染の有無の確認、初診料と診察料、そして薬代です。

淋病は、服薬治療か点滴治療回復を目指します。

健康保険を使用していれば、1万円で済みますが、健康保険を使用しなけば、3万円ほどかかります。

しかし、健康保険が適用されない場合もあります。

健康保険は、淋病の症状が出ている場合に限られるのです。

例えば、感染の疑惑があり検査を受けたものの、陰性だった場合は感染していないので、健康保険が適用されません。

自己負担のリスクを避けたいのであれば、保健所や検査キットで先に感染を確認してから通院すると良いでしょう。

保険は適用されるの?

性感染症は健康保険の対象です。保険が使える病院であれば、3割負担での治療が可能です。

しかし、健康保険は、あくまでも病気であることがわかっている場合でないと、適用されません。症状が出ていない状態では、適用されないケースがあるのです。

また、保険を使うとレセプトが発生します。

レセプトとは、病院が保険請求を行ったことや、保険組合や国保が支払いを行ったことを利用者にお知らせする制度です。

病名までは記載されませんが、クリニックによっては、淋病などの性感染症に関して受診したことが家族や会社に知られてしまう場合があります。

このため、淋病や性感染症の診察では、最初は自由診療で検査を受ける人も多いのです。

仕事などの都合でクリニックに行けない人は、性病検査キットによる検査がおすすめです。

検査キットも保険は適用できません。

しかし、周囲に知られることなく感染の有無を知ることができます。

検査キットは、通販で手軽に購入できます。