勃起障害の改善で注意したいアムロジンOD錠の服用

勃起ができなかったり、維持を短時間しかできないなどの勃起障害の主な原因には、血流の低下があります。陰茎への血流量が増えることが勃起を起こすメカニズムなため、血の巡りが悪い人は上手く機能が働かなくなることがあります。

勃起障害を改善させる薬の多くが、血管を拡張させる作用があり、性交渉を行う数時間前に服用するような薬が多く、これまで上手く維持できなかった人も薬のサポートを受けて挑戦して見ると、状態の改善が見られたり、これまでよりも維持時間が長くなるなど満足できる結果を多く得られる人がいます。

高血圧の病気になっている人が勃起障害の場合、薬の服用に挑戦するのは注意が必要です。高血圧の人が処方される薬にアムロジンOD錠がありますが、これはカルシウム拮抗薬であり、カルシウムが体内で細胞へ移動することを抑制すると筋肉がゆるみやすくなり、これにより心臓から血液を送り出している血管が自然と拡張され、血圧を下げることに繋がります。勃起障害の薬にも血管を拡張させる働きがあるため、ある程度の血圧を下げる作用が見られるため、併用してしまうと極端な血圧低下の症状が出ることがあります。

アムロジンOD錠の副作用には、血圧が急激に変化したことによるめまいやふらつきなどの副作用が稀にある薬のため、決められた用量以上を飲んではいけない薬です。それにプラスして作用が重なったのでは血圧の急激な変化だけでなく、心臓の負担も大きくなり危険です。

高血圧でも勃起障害の改善を望み、薬を服用して改善に挑戦したい人は診察を受けている医師に相談し、アムロジンOD錠以外の処方が可能なのか相談してみると良いです。専門外来だと副作用や処方の組み合わせにも詳しく、適切な対応をしてもらうことができます。